不動産投資で金満生活!

不動産投資で実現させるハッピーライフ!

作者別: 金満男

実質利回り

アパート等の賃貸料が利益になる不動産投資においては、収益物件の見極めの際に利回りという名の数値を用いるのが通例ですが、殊にその物件の年間の家賃収入から掛かるコストを引き、これを投資金額で割って得られる「実質利回り」が利用されることが多いように思います。

投資初心者には重要な情報源となる不動産投資セミナーは、マンション物件の選定やらアパート経営の始め方などがメインとなっており、セミナーの題材がどれも興味をそそるものばかりであるという理由から注目を集めています。

不動産投資を検討しようと資料請求をしたがために、「断っても断っても購入するよう説得してくる」などと思ってしまうかも知れません。しかしながらこの時点では、不動産会社も狙いを定める対象と判断することはないでしょう。

不動産の賃貸経営をする上での肝となる空室対策ということでご紹介しますと、入居条件の改善、内装の雰囲気を明るくするリノベーション、それに加えて照明などの設備のクオリティーアップ化などがあるわけです。

マンション経営を始める時には、見限るケースも念頭に置いておくことが重要だと思われます。そういったリスクを踏まえても、なお問題がないと判断するなら、マンションに投資してみてください。

資産運用の対象になる収益物件としては、元々賃借人が居住しているオーナーチェンジ物件など、入手すれば即座に賃貸料が入るようになるような物件もあり人気です。入居者を募集する必要はないのですが、マイナスポイントとして、室内をチェックすることは基本的にできません。

不動産投資では、物件から得られる利益を丁寧にチェックすることが重要ですが、そのようなときにほとんどの人が目安にするのが利回りという数値だと言われています。

マンション経営のあり方として望ましいのは、賃借人が購入を希望することだと言っていいでしょう。それを考えれば、抜かりなく管理体制の整っているマンションを買うのが大事でしょう。

家賃保証されるサブリース(一括借り上げ)は、アパート経営が初めての素人であっても安心の不動産投資かも知れませんが、自分にとって嬉しいやり方に間違いないか、よくよく検討を加えてみてください。

不動産投資セミナーが気になっているのでしたら、開催会社や講師になる人が信用できるセミナーを選ぶと良いでしょう。コンスタントに開催されているセミナーであるときは、ネットなどで評判を聞くのもいいと思います。

チャレンジしやすいマンション投資なのですが、久しく価値を守るつもりがあるのだったら、毎年手入れをするといいでしょう。想像通りなのですが、大手の分譲マンションは新築から年数がたっていてもそれほど心配しなくて済みます。

収益物件の分類として、入居者がいない状態の物件のことを空室物件と言い表しています。このような物件は、一も二もなく入居者募集の広告を打たなければなりませんが、契約前に部屋の中の状況を自分の目で確かめられます。

収益物件と言われるのは、月毎に確定された家賃収入が期待できる投資物件のことなのです。アパートや賃貸マンションなどが該当となりますが、ちゃんと必要知識を入れておかないと、残念ながら失敗してしまうでしょう。

不動産会社だったり管理会社に業務を委託できるので、マンションやアパートでの賃貸経営はいわゆる不労所得でお金を手にすることに繋がります。「会社員を続けつつ、賃貸経営も続けている」ような人が多いのは、それが理由です。

人気のある不動産投資も、失策をおかしてしまうことがあります。理由として挙げると、いろいろと物件を見て回ることなく、軽々しく判断を下して購入契約を結んでしまうからだと指摘されています。

アパート経営の収益性

アパート経営の長所として、悪く見積もっても一定期間ごとに複数の入居世帯分の賃料が得られるので、同じお金を出すにしても、マンション経営より収益率は高いはずです。

マンション経営につきましては、「幾ら位の節税効果があるのかや利回りに注意せよ」等と言われるのはもっともではあるのですが、そのような損得計算だけで判断すると、思いとは裏腹に悔しい思いをすることもあり得るでしょう。

アパート経営に関しましては、やり方を助言してくれる専門の会社もあるので、素人の人でも手を出せます。それに手持ち資金が少額でも開始することができるので、準備期間もさほど必要とされません。

アパート経営に限りませんが、アパート経営をしようという時も数多くの管理会社があって、その中には会社オリジナルのアパートローンを有しているところもあるのです。

サブリースというのは、借りた物件をさらに誰かに貸すことで、アパートやマンションのオーナーに定期的な収益を確約してくれます。しかし得られる金額は本来入居者からもらえるであろう家賃の8掛けあるいは9掛けとされていると考えられます。

不動産投資セミナーが人気ですが、特定のターゲットを対象に実施されるといったものもよくあるようでして、とりわけ女性のみを集めて、不動産のリスクについて解説してくれるものが盛況であったりするのだそうです。

不動産投資に関しては、良物件に巡り合うことは当然ですが、優れたスタッフとの付き合いを深めることが何よりも重要だと断言します。資料請求も自分にぴったりの営業マンに出会うための王道です。

首都圏がメインですが、不動産投資セミナーは驚くほど人気です。全体的には家賃を稼げる不動産投資は安定的な利益が見込め、20~30代の心性にしっくりくるということでしょう。

業務の大半を管理専門の不動産会社が代行してくれるので、不動産投資に取り組んでいるオーナーが実施すべきは、必要なときに借入することができるように、必要のない借金などしないで、本業にまい進することだと言えます。

事情に通じていない人が手を染めていいと言えるのは、冒険的と言える海外不動産投資でないことはお分かりでしょう。国内に存在するマンションなどの賃料などで生じる利益が目当ての、オーソドックスな不動産投資だけであると断言できます。

マンション投資の特徴として、建物が長くもつというのが利点と言えましょうが、買いたいと思う物件が出てきた場合は、第一に将来の修繕工事のための修繕積立金は大丈夫そうかを明らかにすることを心がけてください。

不動産投資をしたかったら、その物件への投資効果を丁寧に見定める必要があるのですが、そんなケースで多くの人が頼っているのが、利回りという数値だと言われています。

サブリースと言いますのは、アパートそしてマンションなどの賃貸経営の一種の手法で、「複数年一括借り上げ」だとか「空室保証」のことではありますが、基本的には不動産会社が入居者に又貸しすること、つまるところ転貸借ということになります。

「購入時に必要になる資金が安くてすむ」と評判の中古のマンション投資なのですけれども、地方のマンションは問題外だと考えられるのは、地方の物件は空室が埋まらないリスクがあることによるのでしょう。

サブリース(一括借り上げ)にすると、空室対策で苦悩しなくて済むといった利点があると考えますが、家賃が契約更新で安くなっていったり、リフォームや修繕費用はオーナー側の負担になるなどの弱点もあるのです。

築年数よりも立地が大事

不動産投資で稼ぐためには、腕利きの営業スタッフと仲良くすることが必要になりますので、資料請求が元で営業マンとコミュニケーションが取れることは、非常に有意義です。

収益物件と呼ばれているものは、アパートとかマンションのようなものばかりであるということではなく、例えばオフィスとして使われる収益物件も数多く出回っていますし、店舗に適した物件や倉庫や工場にぴったりの収益物件も稀ではありません。

不動産投資をするようなときには、物件からあげられる収益がどれくらいかを丁寧に検証することが必要ですが、そうした場合ほとんどの人が便利と感じるのが、利回りです。

海外不動産投資というもので、特別に見逃してならないと指摘されるのは、多数の海外不動産投資が「売買による利益しか考えていない投資なのだ」ということです。

東京都内では不動産投資を専門にした業者によって企画された不動産投資セミナーが多数開催されており、その多くがタダで受講することが可能となっています。このところは受講者も多く、活気づいています。

マンション経営をしようと思うなら、投資をおしまいにする可能性も考えておいてください。目論見が外れることがあるとしても、なお投資するだけの価値が見出せるというような人は、購入に踏み切っていいと思います。

アパートやマンションなどで賃貸経営している人というのは、普通入居募集の広告をすることであるとか退去の時には敷金の精算、もう一つ付け加えれば日常の点検など必要な管理業務を、管理会社等に丸投げしているということです。

ほとんどは首都圏ですけれども、不動産投資セミナーはかなり盛況です。一般論としては家賃を稼げる不動産投資は収入が安定しており、若者のマインドにフィットすると思われます。

海外不動産投資はすこぶる興味をかきたてられますが、購入した物件がある国や地域の法律や商取引の独自性なんかをよく知っておく必要がありますから、初めての人が簡単に手を出せるものではありません。

アパート経営に取り組むにあたり、新築物件を対象に始めるケースもありますが、中古物件を買い求めて始める場合が多く、そういった中でも住環境や立地などにも気を配っている物件はいつも高い人気があります。

一般的に、アパートやマンションといった収益物件をチョイスする際に大事なのは、何年前に建てられた物件なのかという築年数は大事なポイントの一つです。いつごろ新築されたものかを調べたうえで、1981年の建築基準法改正によって定められた新耐震基準に合う物件に絞ることをお勧めします。しかし、一概に築年数が全て、ということではないと思っています。

私は大阪で駅徒歩3分の区分マンションを所有していますが、築古物件にもかかわらずずっと満室経営が続いています。こういう物件は、出口戦略が立てやすいです。つまり、いつでも売れる、ということです。

実は、不動産市場が高騰しているということもあり、現在売却を進めています。参考にしていたサイトは下記です。もし売却を検討されている方がいらっしゃれば、是非一度目を通しておくといいです。サイトでは大阪でのことが書いてありますが、大阪だけでなく、東京含めた不動産売却全般に役立つ情報だと思いますので。

大阪の不動産を高額で売却!売却成功のポイントとは?

マンション投資として見た場合、価格が低めで高い利回りが望める中古に目をつける方が多いようですが、中古であっても、生活の拠点となる駅から徒歩10分圏内の交通の便の良いところにある物件であることが外せません。

サブリースは、マンション・アパートといった不動産の賃貸経営での「一括借り上げ会社への賃貸」だとか「空室保証」のことと言われていますが、正確にはサブリース会社による入居者への又貸し、要するに転貸借のことを指します。

サブリース(一括借り上げ)にすると、空室対策を考える必要がないなどの特長に目が行くのですが、家賃が契約更新で安くなっていったり、メンテナンス費用はオーナー側が払わないといけないなどのマイナス面もあるということは理解しておく必要があります。

逃れようのないことなのですが、古今東西人というものはいつ大きな病気にかかったっておかしくはないのです。そうなる前に不動産投資をしておけば、いくらかの稼ぎになるのではないかと思います。

利回りが全て、でない理由

投資商品を検討する際には、利益率がポイントになります。
言うまでもありませんが、その率が高い方が利益も高く見込まれるからです。

資産運用で大きくお金を増やしたい方々にとっても、
高い利益率であればあるほど、お金が増えるスピードは早くなります。

不動産投資の場合も、利回りの数字は、
基本的にパーセントで表現されています。

例えば年利4%の物件であれば、単純計算で元資金が4%ほど増加、
9%の物件であれば、9%の増加見込みといった具合です。

それで上記の4と9の2つの物件を比較すれば、
9の方が良さそうに見えるでしょう。
利益率が高いという事は、お金を増やしやすいと思うからです。

しかし、不動産投資はそれほど単純ではありません。

たとえ9という数字になっていても、
実際には利益が限定される場合があります。

高利回りの物件は、ほとんどの場合「何かある」と思った方がいいです。
入居者が集まりにくい理由が、必ずあります。

例えば、、

・立地が郊外エリア
・駅からの距離が遠い
・築年数が古い(いわゆるボロ物件)
・自殺や殺人事件などがあった事故物件
・違法建築物件

などです。

もちろん人が集まらなければ、空室リスクも大きくなります。
逆に、前述の4%のような物件に限って、
意外と人が集まりやすい事もあります。

不動産投資を行う際は、利回り数字だけで判断するのではなく、
空室リスクなども併せて考慮しましょう。

 

人気エリアの物件

物件はいくつか所有していますが、
今回は都内某所にある区分マンションのお話。

築54年のRCマンション。
6階建ての5階部分で、南東向きの1DK。
近くに大きな建物が無いこともあり、
窓からの眺望は抜け感があって日当たりも良好です。

また、マンションの目の前は川が流れており、
春になると川沿いの桜が最高にきれいです。

月額家賃は98,000円(管理費5,000円含む)。
購入して以来、ずっと同じ女性の方が住んでくれています。

定期借家契約で当初は5年契約。
その後、契約を更新して、4年の定期借家契約を締結中です。

決して安くない家賃だと思いますが、
長く住み続けてくれているのでうれしいです。

この物件の魅力は、なんといってもその立地です。
常に新しいトレンドを発信し続ける、超人気エリア。
近くを歩いているだけで、日々新しい発見があって刺激的。

交通の便も最高で、電車でわずか数分で、
都内の人気スポットにアクセスできます。

おしゃれで交通の便も良く、とにかく毎日が楽しい、そんな街です。

やっぱり、不動産投資においてエリアは極めて重要ですね。
空室リスクが低いので、安定経営ができます。
しかも、やることは数年に一回の契約更新だけ。

こういう人気エリアへの投資を、今後も継続していきたいと思います。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén